胆嚢の病気は、

当院にご相談ください

こんなお悩みありませんか

胆嚢や胆管の病気(胆嚢炎、

胆管炎、胆泥、胆嚢粘液嚢腫

など)の疑いがある

白目が黄色くなるなど、

黄疸の症状がある

胆嚢の病気について

胆嚢は、肝臓の中にある袋状の臓器で、肝臓で作られた消化液(胆汁)を貯めています。肝臓や胆嚢そして腸をつないで胆汁が流れている管を胆管といいます。胆嚢は超音波検査でよく見えるので、特に犬では様々な異常が発見されやすいのですが、あまり気にしなくても良いものが多い反面、症状がなくても手術を検討すべきものもあります。このように、その異常を正しく評価して治療方針を決めていくのには、正しい知識と経験が求められます。

胆嚢の病気の症状

胆嚢の病気でも、胆管の病気でも、胆汁の流れが悪くなると、最初は嘔吐などがみられて元気がなくなり、その後、黄疸(おうだん)と言って白目が黄色くなる状態になります。また胆嚢が破れると、消化液である胆汁がお腹の中に流れ出て、腹膜炎が起きます。しかし多くの胆嚢・胆管疾患では症状がなく、超音波検査で偶然みつかることがとても多いのが特徴です。

胆嚢の病気の治療

遭遇する機会の多い胆嚢の病気に、胆泥という胆嚢の中に泥が貯まる病気があります。その多くは特別な治療は必要ありませんが、一部では胆嚢の炎症が疑われ、治療対象となるので見極めることが必要です。胆嚢内に石ができる胆石も、体にとって有害でなければ慌てて治療を行うことはあまりありません。このほかに犬では胆嚢粘液嚢腫という胆汁がゼリーのように固まってしまう病気があり、この場合できるだけ早く胆嚢を摘出したほうが良いとされています。このように胆嚢の評価によってその対応が大きく変わります。

一方猫では、胆嚢の病気はほとんどなく、胆管という管が炎症を起こす胆管炎という病気が多くみられます。肝臓の中の細かい胆管が炎症を起こす場合には、お薬で治療を行うことが多いのですが、腸に繋がる太い胆管が炎症で固くなって胆汁の流れが悪くなっている場合には、薬ではなかなかコントロール出来ず、手術が必要になることがあります。胆管炎の治療法はきちんと決まっていないため、その薬の選択や手術のタイミングの判断は、経験によるところが大きいと言えます。

胆嚢の病気の診療で

当院が心がけていること

01

胆嚢を超音波検査で正しく

評価すること

胆嚢の病気の診断は、ほぼ

超音波検査にかかっています。

02

治療が必要かどうか、

見極めること

必ずしも全ての胆嚢の病気で

治療が必要とは限りません。

03

薬や食事療法で出来ることを

実践する

手術が必要な場合は、適切な

施設とも連携します。

料金やご予約などお気軽にご相談ください

ACCESS

原宿駅徒歩4分、提携駐車場あり

東京都渋谷区千駄ケ谷3丁目60−7

当院で実施可能な

胆嚢の病気の検査

当院では、症状などに応じて、以下のうち

から必要な検査を行い、原因を特定してい

きます。

問診・身体検査

すべての動物に対して行われます。今の症状をはじめ、食事やこれまでの既往歴・投薬歴など、診断に必要な情報についてお話を伺います。また黄疸や腹痛の有無などを確認します。

血液検査

初診時にはほぼすべての動物に対して行われます。肝酵素と呼ばれる肝臓の数値(肝機能とは異なります)や、黄疸の有無を血液検査で評価します。また肝臓や胆嚢に影響を及ぼす膵臓などの臓器についても検査が必要になります。

超音波検査・X線検査

初診時にはほぼすべての動物で超音波検査を実施します。肝臓や胆嚢の異常だけでなく、膵臓や十二指腸などすぐそばの臓器の異常について検査を行います。あまり行いませんが、胆石がある場合にはX線(レントゲン)検査も実施することがあります。

胆汁の採取

胆嚢の炎症のときでどうしても治療の反応が悪い時に稀に実施することがあります。ほとんどの動物では必要ありません。

料金やご予約などお気軽にご相談ください

ACCESS

原宿駅徒歩4分、提携駐車場あり

東京都渋谷区千駄ケ谷3丁目60−7

当院について

ABOUT Peco

動物医療センターPecoは、全5フロアの

「犬と猫

のための動物病院」

として、渋谷・原宿エリアに

2021年より新たにスタート致しました。

当院は

元気な時の予防や健康チェック

から、病気

の疑いがある時の検査・治療まで、

「動物の生涯

に寄り添い、見守り続ける医療施設でありたい」

という想いで、日々診療を行っております。

大野 耕一

内科(消化器、免疫介在性疾患等)

獣医師(東京大学大学院修了)

東京大学准教授、東京大学動物医療センター 内科学診療科 消化器科長を経て、当院院長に就任

アジア獣医内科設立専門医

藤田 淳

外科(軟部組織外科)

獣医師(北海道大学卒)

東京大学動物医療センター 外科系 診療科 特任助教、及び当院外科責任者に就任

日本小動物外科専門医

細谷 芽里

軟部組織外科・総合診療

獣医師(北里大学卒)

3ヶ所の動物病院にて救急・総合診療を、その後、二次診療・救急動物病院にて軟部組織外科を中心に経験し、当院軟部組織外科担当者に就任

日本獣医麻酔外科学会所属

多喜 翔平

整形外科・総合診療

獣医師(麻布大学卒)

動物病院グループにて分院長、整形外科専門診療に従事し年間約100件の整形外科手術を執刀を経験し、当院整形外科担当に就任

麻布大学附属動物病院整形外科レジデント、

日本獣医麻酔外科学会所属

中山 裕之

病理科

獣医師(東京大学大学院修了)

東京大学教授、東京大学動物医療

センター長、日本獣医病理学専門

家協会理事長を経て当院病理科担当、及び当院グループ統括長に就任

東京大学名誉教授、日本獣医病理学専門家

作原 佐世子

総合診療・歯科・行動診療科

獣医師(北里大学卒)

東京大学動物医療センターの研修を修了総合診療として内科を中心に、これまで20年以上診療を経験し、当院に参画

日本獣医動物行動学研究会所属

河口 貴恵

循環器科・総合診療

獣医師(岐阜大学大学院修了)

獣医学博士、3つの病院で総合診療を、関東6病院で循環器専門診療を経験し、当院の循環器科担当に就任

日本獣医循環器学会所属

神野 友輔

総合診療・画像診断科

獣医師(日本獣医生命科学大卒)

総合診療・画像診断を中心に、これまで10年以上診療を経験し、当院に参画。

CT等の画像診断科を担当

目澤 咲綾

総合診療

獣医師(日本獣医生命科学大卒)

大学で心臓/腎臓の研究に従事し、卒後、総合診療として数多くの症例を経験。丁寧な診察を心掛け、全ては動物のため、そしてそのご家族のために精一杯努めて参ります。

日本獣医腎泌尿器学会所属

長濱 麻子

麻酔科・集中治療科

獣医師(麻布大学卒)

一次動物病院、内科専門動物病院、救急動物病院を経験し、当院の麻酔科・集中治療科担当に就任

日本獣医麻酔外科学会、日本獣医がん学会所属

阿島 麻里子

総合診療

獣医師(東京大学卒)

東京都内の動物病院で総合診療として内科を中心に経験し、当院に参画

村山 信雄

皮膚科

獣医師(岐阜大学大学院修了)

複数の動物病院勤務などを経て、犬猫の皮膚科専門「犬と猫の皮膚科」の院長、及び当院皮膚科担当に就任

アジア獣医皮膚科設立専門医

奥田 綾子

歯科

獣医師(麻布大学卒)

歯学博士、獣医歯科口腔外科専門病院「Vettec Dentistry」の院長、及び当院歯科担当に就任

米国獣医歯科専門医

石塚 友人

麻酔科・集中治療科

獣医師(酪農学園大大学院修了)

北海道大学附属動物病院麻酔集中治療科特任助教、麻酔科・集中治療科を中心にこれまで10年以上診療を経験し、当院麻酔科・集中治療科担当に就任

日本動物麻酔科医協会理事

佐々木 伸雄

整形外科

獣医師(東京大学大学院修了)

東京大学動物医療センター長、アジア獣医外科学会会長、獣医事審議会会長、動物看護師統一認定機構長、日本獣医学会理事長経て、当院獣医学研究所に参画

東京大学名誉教授

獣医療チームのご紹介

STAFF INTRODUCTION

よくある質問

FAQ

クレジットカードは使えますでしょ

うか?

現金またはクレジットカードにてお

支払いができます。

クレジットカードは、VISA、

Mastercard、AMERICAN EXPRESS、

Diners Club、JCBなど各種対応して

ございます。

ペット保険は使えますか?

各種ペット保険をご利用いただけま

す。

アニコム、アイペットの保険は窓口

精算が可能です。

当院へのアクセス

ACCESS

ADDRESS:

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目60ー7

ACCESS:

■電車をご利用の場合

JR山手線「原宿駅」徒歩4分

地下鉄千代田線「明治神宮前(原宿)駅」徒歩7分

地下鉄副都心線「北参道駅」徒歩8分

JR総武線「千駄ヶ谷駅」徒歩15分

■お車・タクシーをご利用の場合

明治通り「千駄谷小学校」交差点より1分

(有料道路をご利用)

 首都4号新宿線「外苑」出口より5分

 首都中央環状線「富ヶ谷」出口より9分

 首都3号渋谷線「高樹町」出口より10分

■提携駐車場(52台)

 第一駐車場 12台、第二駐車場 40台

料金やご予約などお気軽にご相談ください

ACCESS

原宿駅徒歩4分、提携駐車場あり

東京都渋谷区千駄ケ谷3丁目60−7

予約する