診療予約

脱臼治療の経験豊富な獣医師が

進行度や年齢をみた上で、

手術・内科治療など様々な選択肢から

最適な治療プランをご提案

セカンドオピニオン

脱臼の相談・

動物医療センターPeco | 脱臼治療に対応可能な動物病院

JR原宿駅から徒歩4分、土曜・日曜日・祝日も診療

脱臼治療の経験豊富な獣医師が

進行度や年齢をみた上で、

手術・内科治療など様々な選択肢から

最適な治療プランをご提案

セカンドオピニオン

脱臼の相談・

動物医療センターPeco | 脱臼治療に対応可能な動物病院

JR原宿駅から徒歩4分、土曜・日曜日・祝日も診療

整形外科・軟部組織外科の主担当

多喜 翔平

整形外科・総合診療

獣医師(麻布大学卒)

動物病院グループにて分院長、整形外科専門診療に従事し年間約100件の整形外科手術を執刀を経験し、当院整形外科担当に就任

麻布大学附属動物病院整形外科レジデント、

日本獣医麻酔外科学会所属

藤田 淳

外科(軟部組織外科)

獣医師(北海道大学卒)

東京大学動物医療センター 外科系 診療科 特任助教、及び当院外科責任者に就任

日本小動物外科専門医

細谷 芽里

軟部組織外科・総合診療

獣医師(北里大学卒)

3ヶ所の動物病院にて救急・総合診療を、その後、二次診療・救急動物病院にて軟部組織外科を中心に経験し、当院軟部組織外科担当者に就任

日本獣医麻酔外科学会所属

長濱 麻子

麻酔科・集中治療科

獣医師(麻布大学卒)

一次動物病院、内科専門動物病院、救急動物病院を経験し、当院の麻酔科・集中治療科担当に就任

日本獣医麻酔外科学会、日本獣医がん学会所属

佐々木 伸雄

整形外科

獣医師(東京大学大学院修了)

東京大学動物医療センター長、アジア獣医外科学会会長、獣医事審議会会長、動物看護師統一認定機構長、日本獣医学会理事長経て、当院獣医学研究所に参画

東京大学名誉教授

石塚 友人

麻酔科・集中治療科

獣医師(酪農学園大大学院修了)

北海道大学附属動物病院麻酔集中治療科特任助教、麻酔科・集中治療科を中心にこれまで10年以上診療を経験し、当院麻酔科・集中治療科担当に就任

日本動物麻酔科医協会理事

よくある脱臼の

ご相談の例

REASONS TO VISIT

手術や内科的な治療など、様々な選択肢を知った上で治療方針を決めたい

脱臼の手術を受けた方がいいと言われたが、本当に必要なのか知りたい

手術以外で脱臼と上手く付き合っていく方法はないかを探している

01

脱臼治療の経験豊富な獣医師が

相談・セカンドオピニオン 〜

診察・手術・経過観察を担当

02

最新のCT、X線撮影装置など

脱臼の診察に必要な

検査機器を完備

03

整形外科に加えて内科・総合診

療科など 複数の診療科がある

動物医療センター

04

進行度や年齢をみた上で手術・

内科治療など 様々な選択肢から

最適な治療プランをご提案

05

すぐに手術が必要ない場合や経

過観察など、ご自宅にいる時も

LINEで安心のサポート

FEATURE

5つの特徴

動物医療センターPeco

脱臼には膝蓋骨・股関節をはじめ、どの部位をどの方向に脱臼しているかによって複数の種類があります

それぞれの脱臼の種類によって取るべき選択肢が大きく変わります

脱臼の治療には外科手術だ

けでなく、症状を緩和する内

科的治療もあります

ご存じですか?

3

治療プランの実施

3-1

経過観察のみの場合

飼い主様のご希望や、獣医師が経過観察で良いと判断した場合、症状に変化があった時や受診を迷った際には『ご自宅からLINEで』相談いただけます。

3-2

内科療法を行う場合

関節のサプリメントを使ったり膝の負担になる運動を制限することで脱臼の悪化や関節炎の進行を遅らせ、病気とうまく付き合って生活することを目標とします。

3-3

手術を行う場合

手術を行う場合は、十分な説明を受けていただいた後、獣医師と相談しながら手順・日程を決定いたします。

2

来院:検査・治療方針のご提案

原宿センター病院に来院いただき、脱臼治療の経験豊富な獣医師による問診・整形外科学的検査、X線検査・CT検査などを行います。

来院される飼い主様の中には、本当に手術が必要なのか不安を感じられている方もいらっしゃいます。

飼い主様のお話を伺い、手術だけでなく内科的治療など様々な選択肢をご提案させていただいた上で、一緒に最適な治療方針を決めていくことが重要と考えています。

2-1

整形外科学的検査

視診・歩様検査

立ち姿や歩き方を観察し、体重のかけ方や四肢の使い方などを見ます。

触診検査
四肢それぞれの骨や関節などを触り、違和感や痛みのある場所を検出したり関節の動きなどを調べます。

2-2

X線検査・CT検査

整形外科学的検査で、精査が必要と判断した部位のX線検査を行い、関節や骨の状態をより詳細に調べます。

骨格の変形が大きい場合には、CT検査により変形を3次元的に評価する必要があることがあります。

2-3

治療方針のご提案

治療の選択肢は多岐に渡ります。その時その子にとって一番良い治療方針を外科・内科含めご提案し、治療内容の詳細やメリット・デメリット、予想されるその後の経過などをしっかりお話しさせていただきます。

飼い主様のご意向なども踏まえ、治療方針を決定します。

1

電話無料相談

初回ご来院の前に、整形外科担当の獣医師にお電話で無料のご相談をしていただくことができます。


脱臼の症状や現在の状態、治療の選択肢などについてまずは獣医師とお話しさせて頂き、飼い主様の疑問を解消していきます。

動物医療センターPecoの

脱臼の診療の流れ

脱臼の診察・手術料金の例

FEE EXAMPLE OF DISLOCATION

脱臼か診断するための診察(初診)

トイプードル  1歳 メス

17,800円〜

※治療費は別になります

内訳

新規登録料(カルテ)

初診料

整形外科学的検査 

X線検査(2枚〜)

1,100円

4,950円

2,750円

9,000円~

たまに右の後ろ足の跛行が見られ、その頻度が増えてきたという症状で来院。
整形外科学的検査、X線検査を行い経過観察とした。

膝蓋骨脱臼(パテラ)の手術 ※片足

チワワ 1歳 メス

342,290円〜

※麻酔費用は別途

内訳

術前検査
(血液検査/胸部X線検査)

手術費用(片足)

入院費用(2〜3日)  

25,790円~

300,000円~

16,500円~

※麻酔費用は別でかかります。
動物の状態や体重により料金は変わります。

たまに右の後ろ足の跛行が見られ、その頻度が増えてきたという主訴で来院。
右膝蓋骨内方脱臼GradeⅡと診断、飼主様とご相談の上、手術を行なった。

膝蓋骨脱臼(パテラ)の手術 ※両足

トイプードル 6歳 メス

492,290円〜

※麻酔費用は別途

内訳

術前検査
(血液検査/胸部X線検査)

手術費用(両足)

入院費用(2〜3日)  

25,790円~

450,000円~

16,500円~

※麻酔費用は別でかかります。
動物の状態や体重により料金は変わります。

右の後ろ足の跛行が見られその頻度が増えてきた、以前は左後ろ足の跛行もあったという主訴で来院。
左右膝蓋骨内方脱臼GradeⅢと診断、飼主様とご相談の上、費用・麻酔や入院回数のメリットを考慮し、両足同時に手術を行なった。

股関節脱臼の手術

ポメラニアン 5歳 オス

292,290円〜

※麻酔費用は別途

内訳

術前検査
(血液検査/胸部X線検査)

手術費用(片足)

入院費用(2〜3日)  

25,790円~

250,000円~

16,500円~

※麻酔費用は別でかかります。
動物の状態や体重により料金は変わります。

自宅でジャンプした際に急に痛がり、後ろ足をを上げた状態になってしまったという主訴で来院。
右股関節の頭背側への脱臼と診断、飼主様とご相談の上、手術を行なった。

たまに右の後ろ足の跛行が見られ、その頻度が増えてきたという症状でご来院されました。以前から膝蓋骨脱臼の指摘はあったそうです。
走ったりジャンプしたり運動することは問題ないのですが、一度膝蓋骨が脱臼してしまうと右の後ろ足を完全に挙上してしまうこともあるとのことでした。

整形外科学的検査とX線検査を実施し、左右両側の膝蓋骨内方脱臼 GradeⅡと診断しました。

症状

【写真①-1:院内での脱臼時の様子。わんちゃんも自身もびっくりした様子で振り向いている。】

【写真①-2:脱臼を手で戻してあげると足を着けるようになりました。】

整形外科

膝蓋骨内方脱臼(パテラ)の手術を行なった例

01

膝蓋骨脱臼の病態は脱臼の重症度により4段階にグレード分類されています。


Grade Ⅰ :通常時はまっている。手で脱臼させることができるが、手を離すと整復する。
Grade Ⅱ :通常時はまっているが、足の向きや力の入り具合で容易に脱臼する。日常生活で脱臼と整復を繰り返すので症状が出やすい。
Grade Ⅲ:通常時脱臼した状態。手で整復できるが、手を離すとすぐに脱臼する。
Grade Ⅳ:通常時脱臼した状態。手でも整復できない。骨の変形を伴うこともある。


上記の通りGrade Ⅱは日常生活の中で脱臼と整復を繰り返している状態です。
脱臼時の違和感が強く、間欠的な症状が一番出やすい時期とも言われます。


今回のわんちゃんは左右共にGrade Ⅱの重症度でしたが、より脱臼しやすく症状が出ているのが右だけであり、右のみ外科療法を実施することとなりました。

パテラの診断と治療について

【写真②:術前の膝関節X線検査VD像。右後肢の膝蓋骨が脱臼しているのが分かる。】

【写真③:術後の膝関節X線検査VD像】

【写真④:術後の膝関節X線検査側面像】

術後、わんちゃんの性格も考慮し翌日(1泊2日)の退院となりました。


1週間後に術創の糸を取る抜糸、その後は1か月検診と2か月検診を予定しています。

また、術後の運動制限やリハビリについては飼主様と相談をしながら行っていく予定です。


当院で外科療法を推奨させていただく場合は、インフォームドコンセントを徹底し、手術の方法(手技)や術後の予想される経過・術後に必要なケアなどをしっかり説明の上、安心して任せていただけるよう心がけております。


文責:獣医師 多喜

CASE INTRODUCTION

過去の脱臼の症例紹介

症例は体重1.8kgの10歳のトイプードルの女の子でした。

飼主様のお話しによると、お家でジャンプをした際に急に痛がってしまい、その後から右の後ろ足を完全に挙上した状態になってしまったとのことです。
かかりつけの病院様で股関節脱臼の診断を受け、外科療法も視野に当院に来院されました。


当院初診時も右後肢を完全に挙上しており、ほとんど歩こうとせずに座り込んでしまう状態でした。
また、受傷翌日の来院でしたが、痛みや精神的なショックの影響もあるのか元気や食欲も落ちているとのお話でした。

症状

【写真①-1.2:来院時の様子。右の後ろ足を完全に挙上している。】

整形外科

股関節

股関節脱臼に対し手術をを行なった例

02

整形外科学的検査とX線検査を実施した結果、
⚫︎右股関節の頭背側への脱臼
⚫︎左右の膝蓋骨内方脱臼(パテラ)
が認められました。
今回の急性症状の原因は股関節の脱臼と考えられたため、股関節脱臼に対する治療アプローチのお話をさせていただきました。

股関節脱臼の診断と治療について

今回のわんちゃんは大きなイベントが無く脱臼してしまったので、背景に元々の股関節の緩み(股関節形成不全)がある可能性が考えられました。


その点を考慮し、外科療法である大腿骨頭骨頸部切除術を実施することとなりました。


当院で外科療法を推奨させていただく場合はインフォームドコンセントを徹底し、手術の方法(手技)や術後の予想される経過、術後に必要なケアなどをしっかり説明の上、安心して任せていただけるよう心がけております。

【写真②-1.2:初診時のX線検査。右の股関節が脱臼しているのが分かる。】

【写真③:術後X線検査。右の大腿骨頭骨頸部が切除されているのが分かる。】

整形外科診療科の手術後の入院は1〜3日と必要最低限にと考えております。


この子は2泊3日で退院となりました。


退院時は少しずつではありますが、術後の左後ろ足を使ったり地面に着く様子も見られました。

【写真④-1.2:退院前の様子。右後ろ足を着けるようになった様子が分かる。】

ABOUT Peco GROUP

について

動物医療センターPeco

動物医療センターPecoは、「専門性の高い診療

をもっと身近に」をテーマに、飼い始めに必要な

予防〜専門医による診察・手術まで対応可能な

「犬・猫専門の動物病院」です。

元気な時の予防や健康チェックから、病気の疑い

がある時の検査・治療まで、「動物の生涯に寄り

に寄り添い、見守り続ける医療施設でありたい」

という想いで、日々診療を行っております。

予防接種

皮膚の病気

眼の病気

歯の病気

骨・関節の病気

整形外科手術 など

健康診断

総合診療

消化器の病気

循環器の病気

泌尿器の病気

軟部組織外科手術

Pecoグループの診療領域

動物医療センターPecoグループ病院一覧

        

原宿センター病院

神楽坂     

三軒茶屋    

東新宿     

Pecoグループの診療時間

土曜・日曜日・祝日も週7日間、休診日なしで通常

診察を行なっております

VETERINARY TEAM

動物医療センターPecoの

獣医療チーム

大野 耕一

内科(消化器、免疫介在性疾患等)

獣医師(東京大学大学院修了)

東京大学准教授、東京大学動物医療センター 内科学診療科 消化器科長を経て、当院院長に就任

アジア獣医内科設立専門医

藤田 淳

外科(軟部組織外科)

獣医師(北海道大学卒)

東京大学動物医療センター 外科系 診療科 特任助教、及び当院外科責任者に就任

日本小動物外科専門医

細谷 芽里

軟部組織外科・総合診療

獣医師(北里大学卒)

3ヶ所の動物病院にて救急・総合診療を、その後、二次診療・救急動物病院にて軟部組織外科を中心に経験し、当院軟部組織外科担当者に就任

日本獣医麻酔外科学会所属

多喜 翔平

整形外科・総合診療

獣医師(麻布大学卒)

動物病院グループにて分院長、整形外科専門診療に従事し年間約100件の整形外科手術を執刀を経験し、当院整形外科担当に就任

麻布大学附属動物病院整形外科レジデント、

日本獣医麻酔外科学会所属

中山 裕之

病理科

獣医師(東京大学大学院修了)

東京大学教授、東京大学動物医療

センター長、日本獣医病理学専門

家協会理事長を経て当院病理科担当、及び当院グループ統括長に就任

東京大学名誉教授、日本獣医病理学専門家

作原 佐世子

総合診療・歯科・行動診療科

獣医師(北里大学卒)

東京大学動物医療センターの研修を修了総合診療として内科を中心に、これまで20年以上診療を経験し、当院に参画

日本獣医動物行動学研究会所属

河口 貴恵

循環器科・総合診療

獣医師(岐阜大学大学院修了)

獣医学博士、3つの病院で総合診療を、関東6病院で循環器専門診療を経験し、当院の循環器科担当に就任

日本獣医循環器学会所属